So-net無料ブログ作成

佳松園 [日本]

 水沢観光の後は花巻温泉へ移動[車(RV)]親戚の方が車で送ってくださったのですが、隣町とはいえ44kmもの距離があり恐ろしく遠い~のです。悪いなぁと思いつつ、岩手県って日本一大きな県だということを、しみじみ実感しました。

 佳松園へ到着~[るんるん]

DSC00560[1].JPG

超~憧れていたものの一生泊まることはないだろうと思っていた高級温泉旅館。平日泊のせいなのか手の届くレベルで泊まれたので本当にラッキーでした[揺れるハート]これが一生で最初で最後かも。
 
DSC00546[1].JPG

 実はワタクシ花巻温泉に過去何度も宿泊したことがあるのですが、佳松園は高嶺の花[かわいい]
 何を隠そうワタクシの父方の先祖は花巻で、子どもの頃は夏休みに帰省で訪れたものでした。都会にはない豊かな自然の中でカブトムシやクワガタを採取し夏休み明けに友だちに見せびらかすのが自慢でした。また花巻といえば、文豪 宮沢賢治や、五千円札にもなった『武士道』著の新渡戸稲造、日本の洋画界の草分け的存在である萬鉄五郎や、北大・東北大初代総長の佐藤昌介はじめ多数の偉人が輩出され、実は密かに誇りに思っていたりします…。また盛岡も含めると明治以降、歴代総理大臣も多く輩出しています。

 何はともあれ[いい気分(温泉)]温泉じゃ~!透明な柔らかい感触のお湯は美人の湯というだけあって風呂上り後は本当にお肌ぴかぴかスベスベでした[ぴかぴか(新しい)]毎日入っていたら、きっと南部美人のようになれるのかしら~?…ヨーロッパからアーリア人種がインドに入って今のようなインド人になったように、ワタクシも関東平野の強い日差しを生れてからず~っと浴び続けているので、ご先祖様とは程遠い色黒肌でございます[たらーっ(汗)]

 お部屋も素晴らしかったのですが、お食事も芸術~でした!

DSC00548[1].JPGDSC00550[1].JPG









DSC00552[1].JPGDSC00554[1].JPG









調度品も豪華~[ぴかぴか(新しい)]

DSC00547[1].JPG

旅館従業員の東北人ならではの控え目で温かなおもてなしが心地よいです。
こんな素敵な温泉旅館に泊まれるなんて、ありがたや~。心ゆくまで堪能して明日は東京に[新幹線]とんぼ帰りで~す。

 佳松園
 〒025-0304 岩手県花巻市湯本第1地割125番地2
 TEL.0198-37-2170、FAX.0198-27-4453 
 URL http://www.hanamakionsen.co.jp/kashoen/
  

世界遺産 平泉 [日本]

 岩手県産の美味しいお米ひとめぼれをダンナは朝からお茶碗で3杯も食したのにはビ~ックリ[exclamation]今日は観光予定がギ~ッチリ入っているため、朝食後すぐ佳松園を去りました。名残惜しいです。また再訪できたらいいなぁ。まずは旅館の送迎[バス]で新渡戸稲造記念館へ。

予想通りのこじんまりとした記念館。彼の著作『武士道 (講談社バイリンガル・ブックス)』は日本語版で繰り返し読みましたが、原文は流麗な素晴らしい英文で書かれているそうです。時代劇の忠臣蔵や新撰組、白虎隊などを見ていると現代の考え方では、えっ、どうして?という違和感をを感じることがしばしばあるのですが(ワタシだけかもしれませんが)、当時の日本人の道徳観念や倫理観、独自性(アイデンティティー)を巧みに表現している作品だと思います。そういった部分に日本人よりも西洋人たちが高く評価しリスペクト(尊重)してくれることが多いようですね。もし彼が文明開化直後、この作品を残してくれなかったら、それ以前に生きた日本人の心根が欧米文化によって風化されてしまっていたかもしれません。
 ちなみに彼の奥さまはアメリカ人。明治の時代に西洋人女性と国際結婚できるなんて[ムード]よっぽど魅力的な人だったのかしら。
 また新渡戸家稲造の父や祖父は彼以上に優秀な方たちだそうで、新田開発や街づくりに尽力したため地元ではどちらかというと、こちらの方が崇められてるようです。

 思った以上に長居してしまい、この後は世界遺産 平泉へ移動[電車]何度も訪れたことがあるのですが、世界遺産に登録された影響なのか以前より観光客が増え、沿道にはお土産屋やお守り売り場などが連なり随分観光地化したなぁと思いました。

写真.JPG

ひたすら緩い坂道を登っていくと左側には以前は無かった立派な宝物殿、右側には中尊寺金色堂。中に入ると巨大なガラスケースに入った眩いばかりの黄金に輝くお堂が昔と変わらずありました[ぴかぴか(新しい)]往年の藤原三大の栄華を見せつけられた感じですが、東北って豊かです。堂内の仏像はペナンに来る前にダンナとともに散歩がてら行った砧公園内の美術館で拝観しましたが、またココで再会できるとは思ってもみませんでした。

merville日本橋 [日本]

DSC00582[1].JPG 「7時半に有楽町マリオン前、集合~!」
一昨日夜は長~い付き合いの悪友たちと飲み会[ビール]気心の知れた幼友達と今も変わらずこ~ゆ~つきあいが続いているのは偶然に近いことであると思うし、本当に有難い。素に戻って語り合えるとても楽しい[夜]でした[わーい(嬉しい顔)]

 そして昨夜はダンナが来ペ前通ってたフランス語教室の人たちとのディナー。学校近くの恵比寿にあるオシャレなフランス料理店にて。久々に恵比寿の街を歩いていると、以前は何も思わなかったのですが、道行く人たちがと~ってもオシャレに見えるのは、すっかりワタクシが東南アジア化してしまったからなのでしょうか?ダンナは昨年も会ってるようですが、ワタクシは来ぺ直前に祐天寺のフレンチレストランのお食事会で会ったきり。フランス語を勉強している人たちって語学のみならず、食や[バー]ワイン、旅行や文化など話題が豊富。そんな洗練されたオトナな方ばかりで、ワタシもそんな風にステキに年を重ねていけたらなぁ。気づけば終電間際になっており時間を忘れてしまうほど、とても楽しい夜でした[わーい(嬉しい顔)]

 そして一時帰国ラストナイトは念願のメルヴィーユでお食事[黒ハート]今回はワタクシのバースデイも兼ねてのディナー[ハートたち(複数ハート)]

DSC00583[1].JPG

来ぺ前12年勤めていた会社の目と鼻の先にあるのですが、何しろ人気店で全く予約がとれず…[あせあせ(飛び散る汗)]今回は予約することができました。とは言え、ほぼ満席状態。

DSC00600[1].JPG

 よくある小さなレストランなのですが、非常に洗練されていながらも居心地のいぃ~雰囲気。サービスも完璧です[exclamation]お食事例。

DSC00591[1].JPGDSC00586[1].JPG









DSC00595[1].JPGDSC00597[1].JPG










 日本のフレンチはレベル高し…しみじみ実感。おなかも心も満たされた素敵なレストランでした。翌日から桃のコース料理が始まるらしいのですが、あ~、あと一日遅ければ・・・。また是非っ(!)再訪したいレストランです。
 帰りの日本橋の風景。

DSC00606[1].JPG

あれ、こんなに綺麗だったけ~。毎日見てたはずなのに、今日はなんだかパリの橋みたいに見える~。酔っぱらってるからかなぁ。

 連日連夜、一時帰国を大満喫してしまったし、実家での暮らしも心地よすぎたし、今まではもうそろそろペナンに戻らなっきゃなぁって思ったりしたものだったのに、今回はもう少し日本にいたいなぁって思ったりする、この心境の変化は一体何なんでしょう?
 なんだかほろ酔い気分のまま、ペナンの帰路へと向かいます。

 merville日本橋
 〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-13
 華蓮日本橋ビル1F
 Tel: 03-6202-1991
 URL http://www.augoutdujour-group.com/me/index.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。