So-net無料ブログ作成
プーケット ブログトップ
前の3件 | -

Evason Phuket & Bon Island [プーケット]

 今年の年越しは海外で過ごすことになりました。行く先はプーケット。ペナンから格安航空会社の[飛行機]ファイアーフライでわずか1時間15分程。伊豆の[いい気分(温泉)]温泉にちょこっと行く感覚で、こ~いった世界的なビーチ・リゾートに直行便で行けるのは、とても便利!ただ今年は紅白歌合戦に年越しそば、そしてお節料理にお雑煮という大好きな日本のお正月はおあずけなのが、ちょい残念[もうやだ~(悲しい顔)]

 プーケット空港からはエアポート・タクシーでホテルまで移動[車(セダン)]ペナンと同様に事前に支払いを済ませて[チケット]を持ってタクシースタンドに並びます。やはり世界的なビーチ・リゾートだけあって、すっかり観光地化しており、地元人も商売っ気たっぷり。途中、タクシーの運転手のオフィスに寄ることになり、オプショナルツアーを薦められたりしました。もう予定がいろいろあるのでお断りし、帰りの[車(セダン)]トランスポートだけを依頼。世界中のいろんな空港からエアポート・タクシーに乗りましたが、こ~いった商売を売りつけられるのは初めてで、ちょっとショックでした。

 さてさて、ホテルに到着~。

PC304331.JPG
(夜撮影)

幻想的なドーム状のトンネルを通り過ぎると、アンダマン海をバックに水庭に浮かぶ水上レセプションが!

PC304294.JPG

独特の建築と大胆な色を使用したファブリックたちが、オーナーのヨーロピアン感覚とアジアン・センスが巧く融合してなんともおしゃれ[ぴかぴか(新しい)]

PC304288.JPG

 そもそもEvason Phuketは、かの有名な高級リゾートホテルSix Sence Resortsのひとつ。お高くって絶対ムリ!と思っていたのですが、プーケットのは手の届く範囲だったので迷わずチョイス。オーナーであるインド系イギリス人の社長ソネ氏が、元スーパーモデルの最愛の妻エヴァさんに贈ったと言われる[ホテル]依って名前も二人の名前が融合してます。う~ん、インドのタージ・マハールのようでロマンチック~[ハートたち(複数ハート)]ダンナに「ワタシにも何か建てて!」とは言いませんので、どうぞご安心を・・・。

PC304292.JPG

長い廊下をどんどん下ったり上ったりしてお部屋に移動。コレは大きいスーツケースを運ぶベル・ボーイ泣かせだと思いました。途中、このようなお洒落なソファーが点在します。

 お部屋に到着。

PC304289.JPG

デザイナーズ・ホテルのような独特なインテリア。オーナーの奥さまがデザインにかなり参入しているだけ
あって、細部に物凄いこだわりがあります。「優雅な自然への回帰」をコンセプトに、ビニール袋は一切使用
していなかったり、ミネラル・ウォーターはペットボトルではなく瓶を使用。トイレタリー系も限りなく自然に近いもので、ナチュラルなエッセンシャル・オイルの香りがヴェ~リ・グ~ッ[かわいい]

P1024453.JPGP1024455.JPG










 宿泊先が島の最南端にあるということもあり、大自然と戯れながらおこもり系リゾートな生活となりそう[リゾート]

 Evason Phuket & Bon Island
 100 Vised Road, Moo2. Tambol, Rawai
 Muan District, Phuket, Thailand
 Tel: 076-38-1010 Fax: 076-38-1018
 URL http://www.sixsenses.com

 

Evason Phuketは2012年5月に閉館しました


Blue Elephant [プーケット]

 今晩は、以前から行ってみたかった[レストラン]ブルー・エレファントでディナー。ヨーロッパを中心に人気を博し成功を収めた後、本国タイに戻ってきたという逆輸入バージョンな高級タイ料理店。フランスは食の都リヨンを始め、ロンドン、ブリュッセルなどでセレブを中心に有名らしいが、ダンナはリヨンにあったなんて知らなかった・・・とのこと。本国タイでは首都バンコクとプーケットにしかないそうです。

PC304306.JPG

 ホテルよりタクシーでプーケット・タウンに向かうも、ひどい渋滞[がく~(落胆した顔)]ほんの15km程度の距離を走行するのに1時間も要しました。

PC304302.JPG

 バンコク店と同様に洋館を用いたレストラン。な~んとなくペナンっぽい感じ。中国風ポルトガルスタイルの建築に、中華風の装飾が施され、特に屋根の部分の通気窓は福建の風水を用いているとのこと。元々、知事邸だったものを現在ミュージアムとして開放しているそうです。美しい建築のため[映画]映画"キリング・フィールド"や"ヘブン・アンド・アース"などのロケ地にもなったそう。

 事前に[mail to]メールで予約しておりましたが、素早いきめ細かな対応は、店内も同様でした。

PC304304.JPG

 今回は、ちょっと奮発してセットメニューにしてみることに[るんるん]

 お料理たち。

PC304314.JPGPC304316.JPG










PC304317.JPGPC304320.JPG










PC304324.JPGPC304326.JPG










 ヨーロッパ発の逆輸入バージョン、タイ料理ということもあって、マイルドな味わい。そして何より店名同様、ブルーを基調とした器を用いた上品な盛り付けのお料理の見た目の美しさに感動[ぴかぴか(新しい)]

PC304328.JPG

 こちらでは、昼間にタイ料理教室も行っているそうです。旅行会社のオプショナル・ツアーや、直接レストランに予約することも可。

 古い邸宅を改装したアンティークな店内で、素晴らしいサービスとともに、上品で美しいタイ料理を堪能できた豊かなひとときとなりました[わーい(嬉しい顔)]

 Blue Elephant
 96 Krabi Road, Muang District Phuket
 Tel: 076-35-4355 Fax: 076-354-4357
 E-mail phuket@blueelephant.com
 URL http://www.blueelephant.com

Evason Phuketの朝 [プーケット]

 旅行の際、とっても豊かな気分にさせてくれるのが、ホテルでの朝食[ぴかぴか(新しい)]ゆったりとした気分で美味しい[喫茶店]コーヒーとともに、たくさんの種類の中から好きなものだけをチョイスして、時間を気にせず、ゆっくりとした時間を過ごすという、なんとも言えない贅沢なひととき。

 今日は朝からとてもいい天気[晴れ]

PC314339.JPG

 写真のレストランが混雑していたので、砂浜に隣接する"into the beach"へ移動。このホテルのレストランのネーミングは、どれも"into"や"onto"が付いていて、なんだか躍動感があってオシャレだと思いません?砂浜の上にテーブルと椅子を置いていて、なんとも言えない自然との一体感。こんな演出もさすがSix Senseならでは。

PC314343.JPG

ビュッフェ・スタイルの朝食。西洋料理からご当地タイ料理メニューまで幅広く揃っていて迷っちゃいマス。

PC314344.JPG
PC314345.JPG

美しいアンダマン海を眺めながら、波の音をバックミュージックに、おひさまの下で自分も自然の一部になったかのよう[ぴかぴか(新しい)]

PC314341.JPG

前の3件 | - プーケット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。