So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
サムイ島 ブログトップ
前の3件 | -

テーマパーク?いえ空港なんデス [サムイ島]

 一時帰国で戻って来るなり「サムイ島に行こう!」と珍しくダンナから旅行の提案があり、突然ですが
サムイにバカンスに行くことになりました[リゾート]ペナン島からは週に3便、マレーシアのLCCファイアーフライから直行便が就航しているので思い立ったら気楽に行けるのがグーッド。

DSC02374[1].JPG

 快晴の中、行きの航路は[飛行機]なっ、なんとジョージタウン上空を飛行したので、ワタクシの住むコンドミニアムがよく見えました。航空写真を撮り忘れてしまったのが残念[あせあせ(飛び散る汗)]わずか1時間のフライトで到着~[飛行機]

 空港はウワサで聞いていたとおり、オープンエアーのアジアンリゾートを思わせる建築で、到着した瞬間からバカンス気分満載!ターミナルへは可愛いらしい遊園地のような乗り物で移動です。

DSC02566[1].JPG

イミグレーションを通った後の荷物ターンテーブルも解放感溢れるオープンエアー。
DSC02376[1].JPG

南国リゾートに来た気分です[リゾート]
DSC02562[1].JPG
 
 空港外に出ると…

DSC02378[1].JPG

 そして出発ゲート付近は空港というより、まるで郊外のショッピングモールか瀟洒な住宅街のよう。

DSC02549[1].JPG
DSC02551[1].JPG

ジム・トンプソンやスウェンゼンズもあります。あとは[喫茶店]スタバかコーヒービーンがあれば完璧なんデスけどね。

DSC02552[1].JPG

 空港からはエアポート・タクシーで目的のホテルにレッツ・ゴー[車(セダン)]ペナンと同様、事前に空港内のタクシーカウンターで料金を前払いをした後、チケットを持って乗り場に移動。プーケットに比べて全く渋滞も無く、ほぼジャングルに近い田舎道を正味15分程のドライブで到着で~す。

シックス・センシズ・サムイ [サムイ島]

 エアポート・タクシーで北上すること15分。左手に黄金色に輝くビッグ・ブッダを仰ぎながら突端のバーン・フライ岬へと向かいます。そこにはシックス・センシズ・サムイがありました。
 今は無きエヴァソン・プーケットと同系列でワンランク上のシックスセンシズも自然回帰をテーマとしているだけあって、サムイの大自然と見事に調和しています。

DSC02398[1].JPG

 全66室は全て一戸独立型のヴィラのためプライベート感た~っぷり。木や竹など自然のものを用いた客室が自然と一体感があり、身も心も大自然と融合してしまうかのよう。とても癒される空間です。

DSC02400[1].JPGDSC02399[1].JPG
右:眠っている顔は"Do not disturb「起こさないで下さい」"の標示。

 竹でできた門をくぐると木製のヴィラが出現。

DSC02396[1].JPG
 1階はオープンエアのリビング・ルーム。2階に寝室があります。













ヴィラの四方がガラス張りになっているので、まるで森林浴をしているかのよう。テントやバンガローに泊まってキャンプをしている気分です。
DSC02388[1].JPG

ファブリック類もシックス・センシズらしく、アースカラーとヴィヴィッドな色合いのキャンパス地を絶妙に組み合わせて個性的でオシャレ[ぴかぴか(新しい)]

DSC02394[1].JPG

バスルームもかなり贅沢なスペースを使って充実感あり。バスタブ横の雨戸を開ければグリーンが広がり、コレぞ森林浴って感じです。
DSC02389[1].JPG

シャワールームは竹材を用いたアウトドア感たっぷりの仕様。なっ、なんとココは本当に屋外。天井は空です。シャワーはフツーのシャワーと、レインシャワーが2つ並んでいます。
DSC02393[1].JPG

トイレも、なっ、なんと野外との臨場感ありっ!でもキャンパス地のカーテンがついていますので、ご安心を!あっ、お外を見ながら入りたい方はカーテンを開けていると解放感があっていいかもしれません。
DSC02392[1].JPG

 シックス・センシズらしい独特な空間演出に興奮してしまい[カメラ]を撮りまくってしまいましたが、かなりフォトジェニックですね~。ワタクシはココのインテリアが自然志向ながらも前衛的でオシャレなところが大好きなのですが、こういったエッジの効いたものは嗜好が分かれるところ。なので、もっと小ぎれいで近代的なリゾートをお望みならフォーシーズンなども、いいかもしれませんね。

Six Senses Samui
9/10 Moo 5,Baan Plai Laem, Bo Phut
Koh Saumui, Thailand
Tel: 077-24-5678 Fax: 07-24-5671
URL http://www.sixsenses.com/resorts/samui/destination

チャウエン・ビーチに行ってみた [サムイ島]

 ホテル到着後、チャウエン・ビーチ行きのバスで街に繰り出してみることに。とは言え、何も下調べをしていないワタクシたちはバスを降りた後、呆然と立ちすくむばかり。一体ココは島のどの辺り?ココで何したらいいの?覚束なげな様子のワタクシたちに気づいた優しいドライバーが声をかけてくれました。

DSC02413[1].JPG

サムイ島で一番大きなチャウエン・ビーチは全長7kmあり、海岸沿いの通りには土産物屋や飲食店などが軒を連ね、一大観光スポット。オフシーズンのため、あまり人は多くなかったのですが、道行く人は欧米人オンリー。どうして白人たちはタイの[リゾート]がこんなに好きなんでしょうね。

 賑やかな大通りを歩いたり、砂浜を歩いたりした後、たどり着いたのはコチラ[バッド(下向き矢印)]

DSC02428[1].JPG

広い中庭があり…
DSC02409[1].JPG

ビーチ沿いには雰囲気のいいレストランが。
DSC02410[1].JPG

夜はこんな感じ。
DSC02414[1].JPG

今日はココで本場のタイ料理を楽しむことにしました。

DSC02419[1].JPGDSC02421[1].JPG
左: シーフードたっぷりのアペタイザー盛り合わせ        右:グリーンカレーとトム・カ・カイ(スープ)

観光客を配慮してか辛さ控え目のオーソドックスなタイ料理。波打ち際で潮騒に耳を傾け、夜空のお星さまをを仰ぎながら堪能。

Eat Sense
Chaweng Beach Road Koh Samui. Thailand
Tel: +66-077-414-242
URL http://www.eatsensesamui.com

チャウエン・ビーチ彷徨はまだまだ続く


前の3件 | - サムイ島 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。